令和ゆかりの太宰府坂本八幡宮の場所や参拝時間と駐車場トイレ案内

 

4月1日の新元号「令和」の発表を受け、

縁の太宰府坂本八幡宮に参拝しました。

今回は、実際に足を運んでの気付き等、

役に立ちそうな情報をお伝えします。

まず八幡宮の場所は下図の通りですが、

車で福岡市内から向かう場合は、

手前の「忠魂碑」方向へ間違う可能性が

あります。

(入口に坂本八幡宮の文字もあります)

勿論「忠魂碑」参拝も意義ある事ですが、

入口の雰囲気がよく似ていますので、

注意が必要です。

参拝時間としては土日祝日を避けて、

平日の朝9時頃がおすすめです。

4月7日の時点では参拝者は数人程度

でしたが、5月1日をピークに連休中は

大混雑が予想されます。

4月6日の日曜日は社殿から道路まで

大行列が出来ていたそうです。

坂本八幡宮参道
坂本八幡宮社殿

他のネットの記事では「駐車場なし」とも

ありますが、八幡宮の前に100台収容の

駐車場が用意されていて他を合わせれば

200台ほどは大丈夫とのことでした。

朝9時になると駐車場のチェーンが外され

無料駐車OKとなります。

トイレも駐車場の近くに整備されえていて

不便を感じることはありません。

坂本八幡宮前駐車場

以前は一日に20名ほどだった参拝者が

新元号発表で、3000名までに増えたとか、

世話をされる高齢の氏子さん達も

嬉しい悲鳴をあげているようです。

境内正面右にお札売り場のテントがあり、

お札は一式800円で販売されていましたが、

御朱印は5月1日からとのことでした。

令和や万葉集の解説書が無料で

配布されていました。

正面左には「令和」の額が飾られており、

氏子のおじさんに記念撮影を頼めます。

新元号「令和」の額
境内にある大伴旅人歌碑

平日の参拝がおすすめですが、

近くの「太宰府展示館」は月曜休館です。

坂本八幡宮と両方希望されるなら

月曜を除く平日がおすすめとなります。

太宰府政庁跡の大型駐車場を利用して、

八幡宮に参拝し、政庁跡を散策して、

展示館を見学するのも良いでしょう。

坂本八幡宮の案内図

いよいよ新元号「令和」スタートの

カウントダウンが始まります。

5月1日が近づくにつれて、

参拝客は激増するでしょう。

案内のお世話をされているのは、

今のところ、太宰府市のお役人でもなく、

イカツいガードマンでもありません。

数人の80代の優しい氏子のおじさん達が

ボランティアで頑張っておられます。

みんなでマナーを守って、

新しい時代の幕開けにふさわしく、

静かに参拝したいものですね。

ABOUTこの記事をかいた人

MASA

MASA。ダブルワークの傍ら ネットの魔力に摂り憑かれて 巷でBUZZられる話題など 独断と偏見を根拠にしながら 独自の視点でレポートしてる。 前東京オリンピック青春直中。 最高元気南国地方都市在住。