玉井陸斗がオリンピック出場確定?中学や経歴とコーチなどを調査!

 

玉井陸斗は来年の東京オリンピックで、

メダルが期待されている選手の一人です。

種目は男子高飛び込みで、

6月7日の飛び込みのグランプリ(GP)

スペイン大会はマドリードで行われ、

玉井陸斗は4位に入りました。

TVニュースでは3位入賞を果たせず、

悔し泣きの玉井の姿が放映されましたが、

あの若さと根性があれば五輪には

きっとベストコンディションで

臨んでもらえると思います。

スポンサーリンク

玉井陸斗のプロフィール

玉井陸斗(たまいりくと)

2006年9月11日生まれ(13歳)

兵庫県宝塚市出身、JSS宝塚所属。

現在兵庫県宝塚市立高司中学の1年生。

 

身長143cm・体重37kgと小柄ですが、

高飛び込みでは飛び込み速度と、

空中で姿勢を保つ体力がポイントであり、

むしろ玉井の体格は有利と言われます。

玉井の高飛び込みは

「前宙返り4回転半抱え型」と

「後方2回半宙返りと2回半捻り」技が

特徴ですが、これは世界レベルでも

難度の高い技とされています。

玉井は3歳の頃からJSS宝塚で競泳を始め、

小学1年の時からは飛び込みに取り組み、

4年になると難度の高い技もクリアして、

オリンピックに目覚めた様です。

5年からの練習では、飛び込み界の権威で

第一人者と言われる、寺内健選手らと共に

トレーニングを開始!

 

因みに寺内健選手は同じJSS宝塚で

生後7ヶ月から水泳を始め(凄い!)、

競泳のタイムが伸び悩んでる時に

中国出身のコーチ・馬淵崇英から

声を掛けられて飛び込みに転向。

 

宝塚市立光が丘中学校2年生の時、

日本選手権高飛込みで史上最年少初優勝。

1996年、此花学院高等学校1年の時に

アトランタオリンピック高飛び込み10位。

 

これに続いて、

2000年、シドニーオリンピック

高飛び込みで5位。

2004年、アテネオリンピック、

3m飛び板飛び込みで8位。

2008年、北京オリンピック

3m飛び板飛び込みで11位。

2016年、リオデジャネイロオリンピック

3m飛び板飛び込みで20位。

 

何と、20年の間にオリンピック5回出場!

驚異の毎回連続出場で活躍されました。

こうした有名選手が拠点とするJSS宝塚での

練習が才能を開花させたのでしょうか?

高いレベルの有名選手と練習出来た事が、

上達・向上の近道だったと言えるかも

知れません。

スポンサーリンク

更に、現在の玉井のコーチは前述の

寺内選手のコーチの馬淵崇英氏!

馬淵氏は8歳から体操競技を、小学6年で

飛込み競技を始めますが、

中国はこの競技の層が厚く19歳で引退し、

指導者・コーチに転身。

 

1988年に語学留学で来日し、

翌年にはJSS宝塚のコーチに就任されます。

神戸国際大学経済学部で学び、

日本人選手を指導する事になります。

 

1991年、そこで前述の寺内健選手

出会うわけですが、馬淵コーチは

二人の中学生を日本一にした事になり、

この3人の出会いはとても運命的なものを

感じますね。

 

玉井陸斗の好物は焼肉、特に「牛タン」に

目がない様ですが、13歳にしてあの腹筋は

どの様な筋トレで出来たのでしょうか?

 

飛び込み・筋肉と言えばアクション映画の

「ジェイソン・ステイサム」を語らずには

居られません。

下記がその動画です。↓↓↓↓↓↓↓↓

 

まだ髪の毛がフッサフサですね~。

トランスポーター等で時折見せる筋肉は

飛び込み・水泳で鍛えたものだったのですね。

あの美しい筋肉は正に「衝撃」と言えます。

玉井やジェイソンの筋肉からも、

「飛び込み」という種目の深さを感じます。

身体が落下する瞬間、空中で多様な姿勢を

取るにはあらゆる筋肉を動員する事が

必要なのでしょうか。

それぞれの筋肉を鍛え抜くという作業は

実際にやった者にしか分からない筈。

 

玉井陸斗の今後の課題は?

中学1年生で五輪の可能性を秘めた玉井の

今後の課題は、

9月のマレーシア・アジアカップの優勝が

選考基準になり、

来年2月の飛込国際大会派遣選手選考会で

良い結果を出して出場権を得、最終選考の

4月のワールドカップ東京大会18位以内で

という事になります。

 

求められるのは鍛えられた身体だけでなく、

相当な精神力と言えます。

東京オリンピック最年少金メダル候補!

玉井陸斗の活躍が今から楽しみですね。

 

 

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MASA

MASA。ダブルワークの傍ら ネットの魔力に摂り憑かれて 巷でBUZZられる話題など 独断と偏見を根拠にしながら 独自の視点でレポートしてる。 前東京オリンピック青春直中。 最高元気南国地方都市在住。