*

京アニの放火爆発事件で犯人の「パクりやがって」の意味は?真相が酷過ぎる!

公開日: : トピックス

18日に起きた京都アニメーションの爆発炎上事件は

放火火災事件史上最悪の死者33人という事態になりました。

青葉真司(41)容疑者は既に逮捕されていますが自らも重症を負っている模様、

事件当時青葉が叫んだ「パクりやがって」という言葉の意味は

一体何なのでしょうか?

今回はこの言葉の意味と、事件の真相について調べてみました。

スポンサーリンク

パクリとは?

パクリ=他人のモノを盗む行為

ですよね。

当然、モノには著作権対象物、電子媒体も含みます。

では、犯人が叫んだという「パクリやがって」は

→「盗みやがって」という事になりますが、

京アニが犯人から何かを盗んだという事になるのでしょうか?

その何かとは

作品そのもの

作品のアイデア

作品のキャラクターデザイン

等々挙げれば限がありません。

只、未確認ですが、「小説をパクった」という話があります。

であれば、作品そのもの・作品のアイデアに当たる部分ですね。

犯人が書いた小説が京アニの作品のいずれかに酷似していたのでしょうか?

 

一方で、世界的に有名な日本でもトップのアニメ会社

京都アニメーションが誰かに恨みを買うような「パクリ」をやるのでしょうか?

大企業・大会社と言ってもそれだけで信用できるものではありませんが、

どう考えても、それはあり得ない事と思われます。

 

仮に、その様な事があるにせよ、法的な手続きで社会的制裁・損害賠償は進むはずです。

その選択をせずに、このような蛮行に及ぶには相当な『思い込み』『妄想』があったと

思わざるを得ません。

 

犯人像は?

容疑者は青葉真司(41)埼玉県さいたま市在住とか。

青葉はガソリンの他に、数種類の刃物まで準備していた事から、

綿密な計画と揺るぎない強い意思を感じます。

そもまで思い込むのは相当な時間労力がかけられたと見るべきでしょう。

数年前の作品に対する思い込みや妄想が熟成されてきたのかも知れません。

 

青葉はこれまでに近隣トラブルを起こしているとも言われています。

社会の一員であれば、多少の不平不満がありつつも、

譲り合うのが社会人としての暗黙のルールです。

 

それをはみ出して、怒り狂うのは最早キチガイとしか言いようがありません。

青葉真司容疑者はアニメファンでも元従業員でもなさそうです。

「パクリ」というからには、大小問わず京アニの同業者である可能が高いでしょう。

あるいは、小説家という線もまだ残ります。

 

いずれにせよ、情報のない現時点で真相として言えることは、

思い込みの激しい中年のアブナイ男が怒りにまかせて事に及んだ

としか言いようがありません。

 

スポンサーリンク

Twitterの反応です。

>>>

黒子のバスケの事件を思い出した。全く面識のない男が「人生を潰された」と作者に嫌がらせを続けた。記憶だと、イベント会場に不審物を置く、みたいな事もしていたと思う。
問題は、犯人が裁判の中でも「人生を潰された」という主張を変えなかった事。今回も、制作会社との関わりが現時点で判明してないので、断言できないが、被害妄想が犯人の中での真実になり、犯行に及んだのではないだろうか。漫画家や、その他アーティストに対してのストーキングは過去にも例はあるが、今回特異なのは、その憎悪が制作会社という「チーム」「集団」に向けられた事。日頃から脅迫メールなどはあったようだが、被害者側は組織に対する憎悪なので、個人の危機意識としては持ち辛いと思う。過去に例がないし、誰一人として、こんなテロ行為は予見できなかっただろう。
犯行は許しがたい。

 

パクったのが事実かどうかは置いといて。
現場で働いている若いアニメーターにはなんの関係もない話。若いアニメーターや、そうじゃないアニメーターの人も含めて、日本の文化アニメの担い手を個人の勝手な思い込みで殺した罪は重い。早く国籍、名前を明らかにし死刑にして欲しい。これからは、スプリクラーの設置や、警備員なども置いた方がいい。

日本のアニメ、現場で頑張ってる人は助けないといけない

 

京アニがパクリ?そんなはずがない!と信じたい…

どんな理由にせよ燃やす必要はないと思うし、もしも京アニが無くなるなんてことはあってはならない。閉鎖空間の中での出来事であってくれ…

過去の逮捕歴から パクりやがって は本人が警察に捕まったを意味する可能性が高くなった。

二次創作してた自分の作品に似た話とかグッズが公式から出たという夢を見た的な展開なんじゃ。
いずれにしてもこんな死に方遺族は納得できないよな、私にはどうしてやることもできないけど。

怖すぎる、どこでどんな恨み買ってるかなんてわからない時代。それどころか自分は関係なくてもこんなふうに巻き込まれてしまう時代。昔からあることかもしれないけど目にすることが多くなってより恐ろしいかもしれない

めくれたTシャツのおなかの部分には赤い絵柄の入れ墨があった
まともな人ではなかったとよくわかるね
こんな人間に殺された犠牲者がかわいそうすぎる

>>>

まとめ

いかがだったでしょうか?

一人の思い込みの強いあるいは妄想癖がある様な人間の

計画的犯行には背筋が凍る思いがします。

改めて亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、

ご遺族様へのお悔やみを申し上げる次第です。

 

スポンサーリンク

関連記事

新東大王候補生は岡本沙紀確定?経歴と高校は?彼氏やインスタも徹底調査!

『東大王』8月14日(水)よる7時からの2時間SP(TBS系)で登場予定の 新東大王候補生が話

記事を読む

スタバマンゴーヨーグルトタルトのカロリーと糖質を調査!口コミは味と食感を絶賛!

  正式商品名はマンゴー&ヨーグルトタルト スタバの6月の新作として(税別 460円)

記事を読む

佐藤二郎の大学と経歴!嫁とツイッターも調査!アドリブ技に注目?

  佐藤二郎のアドリブ演技が評判ですが、 佐藤氏自身はアドリブを否定しています

記事を読む

宮迫引退確定の爆弾級情報!号泣会見の嘘で契約解消撤回の撤回の可能性は?

  吉本興業の闇営業問題は泥沼の様相を展開しています。 そもそも、金塊強奪・オ

記事を読む

岡本社長の「会見したら全員クビ」発言の真意は?吉本興行からお笑い喪失!

宮迫・亮の魂の会見が松本人志を動かし、 遂に岡本社長の記者会見という衝撃的展開! 岡本社

記事を読む

土屋炎伽の名前の由来は?身長体重や3サイズ!彼氏や年収も調査!

  3日ミス・ジャパン東京代表に選出された、 土屋炎伽(ほのか)さんは女優土屋太鳳と

記事を読む

しゃべくり007で武田真治(筋肉体操)のリクエスト女性がヤバ過ぎた【画像有り】

11月26日放送の「しゃべくり007」に、   筋肉体操でブレイクした武田真治が出

記事を読む

ウェストうどんの店舗情報!営業時間や駐車場とモツ鍋も気になる!

  ウエストのうどんは 何時でも何処でも美味しいですが、

記事を読む

スタバ新作6月はレモンヨーグルト発酵フラぺ!味と食感は?Calと糖質も確認!

19日からまたスタバの新作が発売されました。 「レモンヨーグルト発酵フラペチーノ」です。

記事を読む

アメトーーク宮迫の代打MCは誰?打ち切りも?サンド伊達とフット後藤が急浮上!

実にヤバい事になってしまいました。 吉本興業の芸人による闇営業問題! 問題点は2点

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

新東大王候補生は岡本沙紀確定?経歴と高校は?彼氏やインスタも徹底調査!

『東大王』8月14日(水)よる7時からの2時間SP(TBS系)で登場予

犬になめられ重い感染症を発症?!ペットによる両手両足切断の危険性とは?

可愛いペットとキスをしていませんか? 最近アメリカでは可

宮迫引退確定の爆弾級情報!号泣会見の嘘で契約解消撤回の撤回の可能性は?

  吉本興業の闇営業問題は泥沼の様相を展開しています。

岡本社長は和ませようと思った!?ウソ泣きシドロモドロえっと会見の理由!

お笑いの殿堂、吉本興業の岡本社長は22日の記者会見で、 社員に対

岡本社長の「会見したら全員クビ」発言の真意は?吉本興行からお笑い喪失!

宮迫・亮の魂の会見が松本人志を動かし、 遂に岡本社長の記者会見と

→もっと見る




  • MASA。ダブルワークの傍ら
    ネットの魔力に摂り憑かれて
    巷でBUZZられる話題など
    独断と偏見を根拠にしながら
    独自の視点でレポートします。

    前東京オリンピック青春直中。
    最高元気南国地方都市在住。

  • ブログサークル
    ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

     




  • スポンサーリンク


     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

PAGE TOP ↑