宮迫引退確定の爆弾級情報!号泣会見の嘘で契約解消撤回の撤回の可能性は?

 

吉本興業の闇営業問題は泥沼の様相を展開しています。

そもそも、金塊強奪・オレオレ詐欺グループの反社会勢力があり、

これらと吉本興業の芸人の直接の接点、いわゆる闇営業問題に端を発した騒動は、

今や、芸能界を揺るがす広がりを見せています。

お笑い界を始め、有名人のコメントが注目され、あるいは、

コメントしない人まで「コメントしないのは何故」と注目されています笑。

 

今回は、一連の騒動の引き金であり今も渦中の人物である、

宮迫博之の号泣会見(号泣してたのは田村亮ですが)からこの問題に触れてみたいと思います。

そして、宮迫は芸能界を引退するのか?あるいは吉本興業に残って芸人を続けるのか?を

詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

宮迫博之の嘘

反社会グループによる被害がある以上、これらと接触・同調すれば同罪とされるのは当然でしょう。

この事実に対して宮迫の最初の嘘が無ければ吉本興業の対応も変わっていたかも知れません。

騒動の全ての発端は宮迫の嘘にあると言えます。

 

20日の宮迫と田村亮の号泣記者会見で、両氏は岡本社長や吉本興業の過酷な状況とパワハラを暴露!

これにダウンタウンの松本人志が『動いて』岡本社長の記者会見が成立。

前人未踏・前代未聞の5時間半岡本社長グダグダ会見に我慢出来なくなったのか、

「極楽とんぼ」の加藤浩次が所属契約解消覚悟で吉本興業経営陣刷新を訴え、

あろうことか、引退したはずの反社グループ交際の島田紳助のコメントまで飛び出すという。

驚天動地・支離滅裂・予測不能・波乱万丈といった壮大なドタバタ劇が展開しています。

 

宮迫引退確定の爆弾級情報

見る人の涙を誘った宮迫・田村の記者会見ですが、一旦は「あまりに可哀想」

特に田村亮の号泣の様子にもらい泣きした向きも多いと思われました。

そんな訳もあり、吉本興業との契約解消は撤回されたのですが、ここに来てまたもや新情報が浮上!

なんと、宮迫はあの涙の会見でも3つの嘘をついていたと言うのです。

 

嘘① 反社会勢力の宴席だとは知らなかった。

→ この様な場合仲介役(入江慎也)から客の素性は伝えられているはず。

それを知らずに宴席に出るのはリスキーであるし、宴席に出ればどの様な客なのかは判別出来る。

 

嘘② 宴席後の打ち上げには自分が宴席で得たギャラを使った。

→ 都内のキャバクラで行われた打ち上げには、宴席のギャラを使い、そのお釣りは宮迫のポケットに・・と

説明されているが、打ち上げ費用約300万円は全て反社会勢力から出ている。

嘘③ 反社勢力との写真撮影は偶然で面識なし。

→ 写真撮影されたグループも宴席のグループも同じ組織の一員で、

グループとのつながりは以前から存在する。

 

この様な爆弾級の情報は事情通・関係者からの証言が基になりますが、

嘘③については写真誌「フライデー」が現在福岡拘置所に身柄拘束されている、

金塊強奪犯に直撃インタビューを行って得た情報とされています。

スポンサーリンク

役者宮迫博之の才能

2010年のNHK大河ドラマ『龍馬伝』で”平井収二郎”を好演した宮迫は、

役者・俳優としても見どころのある人物ですが、

今回はこの才能もマイナスに響いている感は否めません。

号泣記者会見での空(くう)を見つめて独白するような語り口は

見方によっては<芝居>とも取れます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

宮迫博之、まあ想像以上に凄い人物ですね。

あの号泣会見が、もしかして、より深い真実を隠すための、

吉本興業の不手際に注目させるための会見だったとするなら、

相当な”役者”と言えるのではないでしょうか。

 

あの会見で、世間を味方につけ吉本興業の過失を引き出し、

そこに耳目を集中・注目させ多くの人々を巻き込んだ。

これが真実であれば、吉本興業との契約解消撤回の撤回!

芸能界追放引退確定も大いに在り得る事でしょうね。

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MASA

MASA。ダブルワークの傍ら ネットの魔力に摂り憑かれて 巷でBUZZられる話題など 独断と偏見を根拠にしながら 独自の視点でレポートしてる。 前東京オリンピック青春直中。 最高元気南国地方都市在住。