犬になめられ重い感染症を発症?!ペットによる両手両足切断の危険性とは?

可愛いペットとキスをしていませんか?

最近アメリカでは可愛い愛犬による悲惨な事故が2件起きています。

両手両足切断の原因は?犬になめられて重い感染症を発症!

今回は、犬になめられる事の危険性についてお届けします。

スポンサーリンク

 

 

 

     犬になめられ重い感染症の画像・動画・報道記事

① 画像

 

② 動画

動画サイトはこちら↓↓↓

https://www.cnn.co.jp/usa/35123474.html?ref=yj

 

③ 報道記事

(CNN) 米オハイオ州に住む女性が、犬になめられたことが原因で感染症にかかり、地元病院で両手両脚を切断する手術を受けた。

マリー・トレイナーさんはドミニカ共和国プンタカナでの休暇から戻ってきた数日後、背中の痛みや吐き気を覚えて職場に休みの連絡を入れた。体温が乱高下したことを受け、5月11日未明にスターク郡の集中治療室に搬送された。

7日後、重い感染症にかかっていることが判明。原因は当初疑われた熱帯病ではなく、飼い犬のジャーマンシェパードによるキスだった。

飼い犬はトレイナーさんの開いた傷をなめたことがあり、恐らくこの時に細菌「カプノサイトファーガ・カニモルサス」に感染したとみられる。

地元病院の感染症責任者によると、集中治療室に入ってきたトレイナーさんは「せん妄」の症状を呈していた。直後に意識を失い、皮膚が急速に赤紫色に変化して壊疽(えそ)に至ったほか、血栓もできた。

その後、感染は鼻や耳、両脚、顔に広がっていった。

家族は手脚の切断を避けようとセカンドオピニオンを求めたが、医師たちの判断では既に手遅れだった。血液検査と培養検査の結果、カプノサイトファーガ感染症との診断が確定した。

トレイナーさんはこれまでに8回の手術を受け、現在は義肢の装着に向けて医師たちと取り組んでいる。

米疾病対策センター(CDC)によると、カプノサイトファーガは犬や猫にかまれたり、引っかかれたりすることで感染する。

ただ、大半の人は犬や猫と接触しても発病せず、カプノサイトファーガが人間に病気を引き起こすケースはまれ。最もリスクが高いのは、がん患者や脾臓(ひぞう)摘出者など免疫系が弱っている人だという。

出典:yahooニュース

 

(CNN) 米ウィスコンシン州でこのほど、48歳の男性が犬になめられたことが原因とみられる感染症にかかり、病院で両手

両脚を切断する出来事があった。

犬や猫の唾液(だえき)にはカプノサイトファーガ・カニモルサスと呼ばれる細菌が含まれていることがある。この細菌は場合

によっては、人間の体内で敗血症や壊疽(えそ)などの深刻な健康問題を引き起こしかねない。

男性に症状が現れ始めたとき、家族は最初インフルエンザだと思ったという。妻はこのときの様子について、全身に炎症が出

て、野球のバットで殴られたようだったと振り返る。

男性は最終的に病院に搬送された。血液などの循環や血圧が大幅に低下しており、両手両脚の切断手術を受ける結果となった。

感染症を専門とする医師は、こうした値が著しく低下した結果、手足の壊死(えし)に至る場合もあると指摘する。

ただし、医師によれば、カプノサイトファーガ・カニモルサスが人間に健康被害を及ぼすことはまれ。犬を飼う人の99%以上

はこうした事態に見舞われることはないという。

どの犬から感染したのかは分かっていない。妻は飼い犬が原因になった可能性もあると話している。

出典:CNN.co.jp

スポンサーリンク

犬になめられ重い感染症がネットでも話題に!twitterの反応!

 

ももたん

@momotan0702

飼い犬になめられ感染症発症、両手両脚を切断 米女性
(link: https://www.cnn.co.jp/usa/35140895.html)
cnn.co.jp/usa/35140895.h…
@cnn_co_jp
より
おじいちゃん、おばあちゃんに、この病気の事知ってほしい。犬と食器洗いスポンジ一緒だし、おじいちゃんに至っては人間用の箸で、自分のご飯あげたりしてる。本当に、危険だと思う。

 

米国ダウトレーダー、ボリンジャーバンドで利確する投資家まどか

@koara331

2h

いくら可愛くても犬

猫に舐められる行為は避けた方が良い

 

K

@K4Rupan

4h

飼い犬に舐められて感染症になって両手両脚を切断する手術を受けた女がいるってよ
だから犬嫌いなんだよ
怖すぎだろ

やまのよう

@JP_mountainous

5h

犬や猫のペットは嫌いではないし、癒しをくれる友人と思っていますが。
口移しで食事を与えたり、キスをしたり、かおを舐めてもらったり、わざと噛まれるといった行為は、体質的に受け付けない私。
撫で撫でした後は必ず手を洗うしね。
やっぱりそれで良かったと思う。

 

あぷれぴたんと

@MedTommy_ap

7h

僕は犬は飼っていませんが、テレビなどで飼い犬とキスや口をめちゃくちゃに舐められている芸能人などを見るとちょっとだけ不安になりますよね

健常人なら大半は発症しないとはいえ怖いですよね

 

なるみん

@narumin500001

2h

コレは驚いた

そんな病気があるなんて、まあ、俺は犬や猫が基本的に苦手なので大丈夫か?

 

hidenori

@norihide0412

3h

飼い犬になめられ感染症発症、両手両脚を切断 米女性
(link: https://www.cnn.co.jp/usa/35140895.html)
cnn.co.jp/usa/35140895.h…

犬に自分の口舐めさせてる人、これがちょっと心配なんだよなあ。
愛情表現はワンちゃんをなでるだけで十分だよ。

 

二階堂理@ブログ挑戦中

@OsamuNikaido

1h

犬大好き人間だけど、口とかなめられるのは嫌なんだよな。

 

 

8月3日コスサミ@ぎゃーさん

@dai_anju_

3h

カプノサイトファーガは犬や猫にかまれたり、引っかかれたりすることで感染する。
一概には感染するとは言えんが、恐ろしい感染症だわ

 

      犬になめられ重い感染症のまとめ

いかがだったでしょうか?

案外平気でペットとキスなどするケースも多いのではないでしょうか。

今回は、アメリカで起きた悲惨な2件の事故を引用しながら、

犬になめられる事の危険性についてお届けしました。

愛するペットを通じて悲惨な事故が無いように気を付けたいものですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MASA

MASA。ダブルワークの傍ら ネットの魔力に摂り憑かれて 巷でBUZZられる話題など 独断と偏見を根拠にしながら 独自の視点でレポートしてる。 前東京オリンピック青春直中。 最高元気南国地方都市在住。