駅自販機の定額制サービスの利用方法は?何時から何処でどうすれば使える?

JR東日本ウォータービジネスは2019年8月29日(木)、

自動販売機のサブスクリプション(定額制)サービス「every pass(エブリーパス)」を

10月から開始すると発表しました。

 

これは、JR東日本の駅の自販機にスマホをかざすだけで、

飲み物を手にすることが出来るというもので、

日本初の試みで、10月1日からサービスが開始されます。

 

月額980円で、一日一本の飲み物を手にすることが出来ますので、

例えば、1本170円のドリンクを30日飲めば5,100円になりますが、

それが980円になると5,100円-980円で4,120円もお得になるわけですね。

今回はこの話題のサービスについて触れてみます。

定額制サービスの対象

対象になるのは、JR東日本の駅(首都圏・東北信越エリア)に設置する約400台の

最新型自販機「イノベーション自販機」で、9月2~16日の事前募集に応募し、

抽選に当たった500人のみが利用できます。

 

定額制サービスの仕組み

利用者のアプリに、専用のQRコードを1日1回配信され、

利用者はアプリ画面上にQRコードを表示し、専用の自販機にかざすことで商品を受け取れます。

QRコードは当日限り有効で、他人に譲渡することはできません。

 

定額制サービスのメニュー

メニューは月2,480円の「プレミアムプラン」と月980円の「アキュアメイドプラン」の二つ

「プレミアムプラン」は、自販機で取り扱う全商品が対象で好きな飲み物が飲めます。

一方「アキュアメイドプラン」は、JR東日本ウォータービジネスが展開する商品ブランド

「アキュアメイド」の商品限定です。

この「アキュアメイドプラン」の利用期間は1人1か月までで、

その後は「プレミアムプラン」に自動移行するとのこと。

(決済方法はクレジットカードのみ)

 

定額制サービスの応募方法

① スマホに専用アプリacure pass(アキュアパス)をインストールする。

② アキュアメンバーズと連携(登録?)する。

③ 応募フォームに記入する。

④ 当選結果が発表される。

 

定額制サービスの利用方法

① 毎日0時、一日一度利用できるQRコードを受信する。

② 自販機にQRコードをかざす。

③ 自販機の飲みたいドリンクをタップする。

④ ドリンクを取り出す。

 

定額制サービスの今後

今回のサービスは事前募集に応募し、抽選で当たった500人に限定されていますが、

自販機の定額制サービスは日本初の試みであり、この暫定的なテストケースを越えて、

他社にも波及し、爆発的に普及していくものと思われます。

自販機からコイン投入口が無くなる日もそう遠くないのかもしれませんね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はJR東日本ウォータービジネス(https://www.jre-water.com/company/)の

自販機の定額制サービスについてその対象、仕組み、メニュー、応募方法、利用方法、

今後の見通しまで触れてみました。

キャッシュレスで便利なうえに『お得』となればうれしいですよね。

 

これから、この仕組みは他の業種・業界、例えば外食産業、小売店、

書店、出版業界等々でも導入されていくことが予想されます。

諸外国に比べると日本は「キャッシュレス後進国」の様ですが、

既に妻はキャッシュ派でも夫はキャッシュレス派という状況も在ったりして、

今後急速にお金に対する考え方も変化していくのではないでしょうか。

 

アメリカを旅行した時には用意した現金はほとんど不要でしたし、

中国などは相当田舎の小売店でさえキャッシュレスと聞きます。

自販機の前やスーパーのレジで小銭を転がして探し回る様な姿が

懐かしい時代がそこまで来ているのかもしれませんね。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

ABOUTこの記事をかいた人

MASA

MASA。ダブルワークの傍ら ネットの魔力に摂り憑かれて 巷でBUZZられる話題など 独断と偏見を根拠にしながら 独自の視点でレポートしてる。 前東京オリンピック青春直中。 最高元気南国地方都市在住。